京都 ひろみ針灸接骨院・ひろみ針灸整骨院
 

〔整骨の治療で各種健康保険の適用〕

整骨院で各種健康保険が取り扱える症状は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった原因の明らかな急性または亜急性の外傷や傷害等の場合のみです。

慢性の肩こりや腰痛など原因の明らかでない症状では健康保険の取扱いが出来ません。
ただし、原因が明らかな現症状から付随して発生している症状についてはこの限りではありません。

保険の取扱いにおきましては痛められた症状等で取り扱う保険の種類が異なります。
  1. 仕事中に痛められた場合
  2. 第三者行為で痛められた場合
  3. 上記以外の状況で痛められた場合

〔鍼灸の治療で各種健康保険の適用〕

鍼灸院で各種健康保険が取り扱える症状は、神経痛・リウマチ・ 頸腕症候群(肩こり等)・五十肩・腰痛症・頚椎捻挫後遺症(ムチウチ)の6疾患で適用されます。

保険を取り扱う際、医師の同意書が必要になります。同意書類は当院にございますので受付でお申し出てください。お渡しした同意書類をかかり付けの医療機関に提出し、医師の診察を受け、同意書の必要事項に記入してもらってください。(同意をいただく医師はどの科の先生でも構いません。ただし歯科医師の同意書は使用できません。)
 

各保険者への保険請求方法は健康保険法により委任払制度となっておりますので、保険請求(レセプト)用紙に保険加入者様ご本人のお名前をご記入いただくことになっております。
また、鍼灸治療での請求の場合は捺印【認印】を押していただくことになっております。